第700話  節目の700号


 

 
縁があって、きょうされん全国大会の実行委員長を務めさせて頂きました大和田新です。

今日、このルポも節目の700号を迎えさせて頂きました。

これまで、このルポを通し、東日本大震災から復興に向けて頑張る福島県の現状を発信させて頂きました。

途中、ルポに対する意見や感想をたくさん頂戴し、励みになった事が昨日の事のように思いだされます。

本当にありがとうございました。

震災から2年8ヶ月、福島県は今、3千2百人が亡くなり、2百人が行方不明となっています。

地震、津波による死者、所謂直接死が1599人に対し、避難中や避難先で亡くなった震災関連死が1577人となり、深刻さを増しています。(関連死は増え続けている)

震災関連死は、被災3県(福島、宮城、岩手)の中で福島県が突出して多くなっています。

関連死の原因は原発事故による無理な避難から くるストレスや持病の悪化、将来の不安による自殺などです。

これは震災関連死ではなく、『原発事故関連死』だと思っています。

この原発事故関連死を止める事が、福島の復興にとって最優先課題だと確信しています。

原発廃炉まで40年、気の遠くなるような歳月の先にある福島県の復興・復旧を担うのは若者達です。

その若者達を支えるのが教育と医療です。

私の夢は、将来福島県が日本一の長寿県になり、医療、化学、政治等の分野で世界的なリーダーを輩出する事です。

ピンチをチャンスに変える事が、福島の復興には欠かせません。

東電や国のせいばかりにしていては前には進めません。

福島県はこれまで全国から、いや全世界から支援をして頂きました 。

本当に感謝にたえません。

しかし、本当の支援は「忘れない事」だと思っています。

これからも福島を忘れないで下さい。

そして、福島を思い出した時に、このルポを読み返して下さい。

今日まで、ありがとうございました。

これをもちまして、私の福島ルポを終わらせて頂きます。

本当にありがとうございました。

大和田新